私は信頼し、恐れない

私は信頼し、恐れない

 

(イザヤ12:2

確かに神は私の救いです。

私は信頼しますし、恐れません。

主、主ご自身が私の強さであり、私の防御です。

彼は私の救いになりました。」

 「わたしは信頼します、そして恐れません」(イザヤ12:2)。これらの言葉は、アッシリア帝国が支配的な権力であったとき、そして二百二百年以上前にユダとエルサレムの人々に預者イザヤによって話され、ユダはその力の陰に住んでいた。

彼が派遣された人々とこの本がもともと構成された人々は、予測不可能で彼らの支配の及ばない世界に住んでいました。

 イザヤ12章は2つの歌で構成されていて、それぞれが「その日に言う」(12:1、4)というフレーズで始まります。「あの日」、みんなの誇りが謙虚になり、主のみが高揚する(2:11、17「あの日」人々が銀と金の偶像を捨てる時(2:20「あの日」、神がシオンの女と男に対して裁きを下される時(3:16-26)、残っている者が聖と呼ばれる時(4:2-3)。 「あの日」は、判断と救いの日であり、神の民を前進させる日であり、状況にかかわらず、現時点で現実に生きることを私たちに促します。

異国の人々が来て彼らを苦しめることを神が許されたとき、神はどのようにして彼の人々を世話していたでしょうか。私たちは信者として、私たちの究極の信頼を主に信頼するよう求められています。 

あなたはすでに破産していて、すでに借金をしていて、未払いで、先を見越した関係を擁護し、友人たちは去りました、あなたが失った仕事だけがありました。 

「主よ、私はあなたが支配していると思いました」 

主に対する私たちの信頼は、すべての歴史が私たちに結びついたときに火の中の金としてテストされます。遠くに見え、すべての天は真鍮です。しかし、神は本当に遠くにはいません。彼はゲームに勝つように私たちのためにすべてをアレンジしています。結果に疑いはありません。それが日の冷たい光の中で見られるとき少なくとも疑いはありません。しかし、朝は喜びが来るかもしれませんが、夜はしだれが続きます。問題は、世界が私たちの周りに倒れているように見えるときに、どうすれば私たちは主に信頼を維持できるのかということです。 

試練、悲劇、そして試練の最中に、恵みによって、あなたは主を信頼することができます。神は私たちの自信の基盤です。そして彼を信頼することは決して私たちを失望させないでしょう。私の救いが彼のふさわしい手の中に安全であることを私が知っているならば、私の人生に関わるすべてのものは等しく彼の強力な力の保護の下にあるのです。生活力 

私はそれを楽しむことに自信を持って、そして恐れないで信頼し、そして全ての怒りと非難から、そして全ての敵から安全と安心を見つめます。罪を「恐れて」いない 

神は完全な自信の確固たる基盤であり、恐怖を和らげるための最善の救済策です。

 彼の栄光の中で………

Advertisements

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.